誰かの場所の複数

残念な感じです

読書雑感と3年間くらい本が読めなかった頃の話し。

連休だったのでだいたい本を読んでいた。2日で読んだ本を記す。敬称略で、読書順。

殊能将之ハサミ男

東山彰良『流』

碧野圭『駒子さんは出世なんてしたくなかった』

藤沢周平『隠し剣 孤影抄』

吉川英治三国志 群星の巻』

全部とても楽しく読んだが、特筆したいのは『流』だった。東山彰良ブコウスキーのファン、という事で読む前から好感を持っていた(おれがブコウスキー大好きだから)と言うことを差し引いても、生涯読んでいきたいと思える1冊だった。追っていこうと思う。

上記の本を崩した後、漫画『恋と嘘』と『通常攻撃が全体攻撃で2回攻撃のお母さんは好きですか?』を読み始めた。おれはいくつかの本を平行して読む癖があるのだけど、ここから投稿作の完成までは基本的にライトノベルとボラーニョの『2666』しか読まない予定。ライトノベルは新人賞受賞作と10年以上前の作品を交互に読む、という読み方をしている。

1日に3冊4冊読みつづける、みたいな荒技はおれには無理で、資料を読む速度などは上げないと話しにならない気がする。基本的に読書速度はそんなに早くないのだが、ここのところはある程度早くなったと思う。生きている間に、あとどれくらい本を読めるだろうか、という事は考える。

人から「読書家」と言われて、はにかみつつも喜んだ経験を持つ人間は多いと思う。おれもよく喜んでいる。でも、おれは本当に全然読書家じゃない。

おれは22歳から25歳くらいまでの3年間、殆ど本を読めないという状態に陥ったいた。博打と酒とその他諸々で脳みそがおかしいことになっていたからだ。

読めたのはトルストイの『光あるうち光の中を歩め』だけだったと思う。薄かったからなアレ。あと、すごくキリスト教に惹きつけられている時期だったというのがある。でも、基本的には小説を読めないどころか、漫画すら厳しい、という状態にまで脳が退化していた。

おれは一種の失読状態に陥っていたわけだ。

Twitterでは何度も書いているけど、おれを小説の世界に引き戻してくれたのは、江古田のブックオフで立ち読みをしたライトノベルの『ゼロの使い魔』だ。表紙のルイズが可愛くて、「ガキの頃ラノベ読んでたからイケルかも」と思い手を伸ばしたことで、読書の喜びをもう一度味わうことができるようになった。一応書くけど、後年結構定価で買ったから立ち読みの罪は赦してくれ。

友人知人に「小説を書くようになって投稿を始めた」と公言をしているのだけど、だいたい皆半笑いで「純文?」と聞いてくるので、ラノベと返すと驚かれる。「そもそも読んでたっけ?」とか言われる。「純文一発逆転妄想野郎」扱いを友人にまでされていたのかよおれは。されてたんだろうな。悲しいかな事実だし、そんな痛い奴と友だちでいてくれてありがとうなお前ら感もあるのでまぁいいや。

本を読むことが出来ない人間に1冊の本を読破するという喜びを与えてくれたライトノベルというジャンルに抱いている敬意はガチだし、生きている間はずっと読んでいきたいな、と思っている。デビューできれば最高だが、まぁそれは結果なので、どーなるかは今はわからん。少なくとも、まだ戦うつもりでいる。

人生は一発逆転しない

夜勤明けに傘を購入。本日は新宿池袋間の徒歩なし。プロ作家の「純文の賞で人生を一発逆転出来ると考えている人類はおり、避けて生きてきた」というツイートを見かけて「おれってこの手の人類だったな」と過去の自分を振り返り悲しくなった。未だにそういう節は多いにあるのだけど、恵まれなかった人生が小説を書くことによって一発逆転、みたいな妄想は自分の中からはだいぶ消えている。基本的には賃労働に従事してローンを返済して生きていく以外の選択はない。3連勤の疲れからか、帰宅後爆睡。名人戦をぼうっと眺めながらツイッターに興じたり、殊能将之の『ハサミ男』を読んだり。次作作業に取りかからなければいけないのだが、その前に中学生向けの文法の問題集を全部解くと決めている。今日明日で終わらせたい。

恵まれなかった人生を逆転するために小説を作るわけではない。小説を作ることで人生が豊かになり、幸せになる事を目指していこうと思う。楽しいことをしよう。自分の書いた投稿作をパラパラめくって目が冷えたけどな。あと、純文の賞にも何か書いて出してみたいという思いはまだある。書きたければ書けばいいだけだ。

 

身辺雑記

夜勤に行き、休憩時間や移動時間を使い貴志祐介の「エンターテイメントの作りかた」と三雲岳斗の「アスラクライン」の1巻を読了。夜勤明けに図書館に寄り、書籍を返却。何冊か本を手に取ったが、悩んだ末にロベルト・ボラーニョの「2666」だけを借りる。他にも読まなければいけない本は山積みなのだが、二週間あればなんとかなると判断した。帰宅後、シャワーとメシ。「刀使ノ巫女」の15話16話と「サカサマのパテマ」を鑑賞した。「サカサマのパテマ」はBOF5ドラゴンクォーターのファンのおれには嬉しいディストピア映画だった。BLAME!を未読のモグリなのだが、大深度地下都市モノは書きたいという欲望がある。アニメを見た後、ヘッドホンでPTPの3枚目を聴きながら文法の問題集を少しだけ解く。少しずつでも毎日触れることが肝心なのだと信じるしかない。ノンアルコールビールを2本啜ったのでそろそろ眠る。今夜も夜勤。サッカーを見たかった気もするが、さのみ関心もない。ボラーニョの「2666」の前に『ハサミ男』を読み始めた。ラノベを集中的に読むつもりでたくさん買ったのだけど、計算はいつも狂う。

ざっきざっきざっき

昨夜は夜勤に行ってきた。勤務前にドラッグストアで下痢止めとシェービングクリームを買い求める。一晩かけて空き時間などで渡航先生のデビュー作『あやかしがたり』を読了。才気にただひたすらに感動する。20代始めの書くモノなのかよ凄まじいな、というのが率直な感想。勤務後新宿から池袋まで徒歩。途中何度も強烈な飲酒欲求に教われてファミマに入る度にヘネシーを眺めた。断酒をして1ヶ月以上は経ったが今日がいちばん危なかった。電車の中で三雲岳斗先生の『アスラクライン』を読み始める。最寄り駅に到着後西友にてノンアルコールビールの6缶パックを購入、シャワー後に1本半飲む。くもんの中学国語文法問題集を1Pと少し解き、14時頃に就寝。1度起きて作業をしようとするも二度寝。20時30分に起床後食事。これからシャワーを浴びて夜勤へ。明日図書館へ本を返却するため、本日は大荷物になる。なので明日はウォーキングなし。

ざっきざっき

気がつくと8時間以上寝るのがデフォになってる。赤ちゃんかよ。おっさんなのに。

朝方5時半頃に起床して1時間半ほど散歩をする。東久留米のイオン辺りをふらついた。家に戻りシャワーを浴びてカレーを喰う。食後、ノンアルコールビールを鯨飲しながら刀使ノ巫女を14話まで見る。アニメ視聴後、先月購入した秋月月日先生のデビュー昨『剣聖の私がお前を好きだと? 笑わせるな! 大大大好きなのだ!』を読了。ツイッタに読んでいると書いたら御本人に観測されていた。今日と明日で図書館から借りた10年くらい前のラノベを2作読む。おれの読書ペースだと、1冊のライトノベルを読むのに均して4時間くらいかかるのだけど、読書をする時間は豊富にあるので読めるだろう。図書館で本を借りるメリットのひとつは「読まなければいけない期間」が決まっていることだと思う。おれのように積読傾向にある人間にはよいのかもしれない。

読書後に中学生向けの文法の問題集を1Pと少し解く。やらないよりは、やったほうがいいはずだ。

次作作業をそろそろ始めないといけないが、やはり始めるまでの腰は重い。インプット期間という名目が言い訳のウェイトに拍車をかける。

新人賞受賞作との彼我の差を明確に把握できる実力があればデビューしているので、わかっているとは口が裂けても言えないが、少なくとも前よりは確実に色々な事がマシになっている、という実感はある。どうにかやっていくつもりだ。

インプット期間中に映画を見に行きたいな、と思うのだが、書籍購入代に可処分所得を割いてしまうとその他のジャンルに中々手が出ない。ゲッペルスの秘書官だった女性のドキュメンタリー映画には関心があるのだが、見に行けるだろうか。

今日から夜勤3連勤。出来るだけ文法の問題集を解き進めておきたい。夜勤明けに新宿から池袋まで毎日歩く予定。運動の時間を確保する必要がある。本当は24時間運営のジムに行ってバイクを漕ぎながら読書をして一石二鳥って感じにしたいのだが、月々6000円程度の支払いはメンタルに来るものがある。貧乏が創作の役に立つことは何一つとしてない、とは私淑するチャールズ・ブコウスキーも言っている。おれも事実だと思う。

夜勤ってやつはどれほど寝ても勤務中に眠くなるモノなので、これから無理矢理にでも寝る。