読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かの場所の複数

残念な感じです

ブコフに演劇の魂を売り渡し

バイト終わり帰宅。酒入ってて眠いんですが、毎日書くと決めたので何かさくっと書いて寝よう。おれは部屋が汚い人なんですけど、部屋汚いとメンタルによくないわっつーことで、最近は掃除を心がけるようになりました。で、部屋狭いしモノ増えたし金欠だしってことで、ブコフオンラインで再読しなそうな漫画やら小説やらをダンボール二箱くらい売り払ったんですよね。んで、今日ようやくカネが振り込まれたわけなんですけど、4Kくらいにはなったので、査定内訳を確認してみました。漫画は在庫過多のタイトルなんて1円で買い叩かれて全然カネにならなかったんですけど、意外なことに演劇関係の書籍が高く売れたんですよね。500円以上の値段がついたの演劇本だけでした。おれは大学の頃に演劇科にいたせいで、その手の本そこそこ持ってるんですよ。売っても全然心痛まなかったっつーか、カネになったし部屋も片付いたしラッキーって感覚しかないので、自分にとって演劇ってその程度のものだったんだなってことを認識しました。青春の思い出なんてハスリングしてナンボです。っていうか、ブコフのその手の在庫って、何千何万というおれみたいな連中のお陰で潤ってるんだろうな。買う奴は買うし。