読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かの場所の複数

残念な感じです

おれとガンダムと透明なボディと

思うところがあり、ガンダムと名のつく作品で映像化されてるものは全部見ると決めてしまったので、ZからZZまで全話見て、CCA見て、ポケットの中の戦争まで見ました。ものすごく時間かかるな。ここのところはアニメはガンダム以外見てないです。ファーストの映画2本(3本でした)は見てないんですがそれは1度置いておいて、制作発表順に鑑賞していく方向で行こうと思っています。

ガンダムを見たことが無い、というのはおれが長年抱えていたコンプレックスの一つで、そんなもんコンプレックスに抱える必要も実は無いんですけど、そういう無用なコンプレックスにまみれた人間なので仕方ない。無職時代にやることなくてファーストのテレビシリーズはバンダイチャンネルで全部見たんですよ。で、Zを見だして数話で「これもう無理だわ向いてないわ」つって中断してしまいました。

その結果、ガンダムを見たこと無いっていうコンプレックスに加えて、「ガンダムに挫折した」っていう新しいコンプレックスが出来てしまって、さらに苦しむ羽目に。今年に入って、伝説巨神イデオンと無敵超人ザンボット3を全部見ることが出来たので、そろそろガンダムリベンジじゃ無いかなーと思い立ち、Zから見てポケ戦まで消化完了。

今までガンダムや特撮をあまり見られない(興味はあるけど見ることが出来ない)人生を送ってきましたが、それは一言で言えば「想像力の欠如」のせいです。

おれにはモビルスーツの乗り心地を想像することが出来ません。目の前に怪獣が顕現した時に、世界がどうなってしまうのか、ということを想像することが出来ません。これは子供の頃からそうでしたし、これからも多分そうです。子供の頃は「ロボットとか乗りたくない」とか「怪獣とかと戦いたくない」とか、欲求の問題として処理をしていたんですけど、それ自体は些末な問題で、想像力の無さが本当の問題だったわけです。

自分にはそういう事を想像する力が圧倒的に欠けているとハッキリと自覚したのは20代半ば頃だったと思うんですけど、まぁそれはそれとして仕方ない、という風に割り切れることは出来ていたんですよね。で、割り切ったはずの問題が33歳手前にして実は割り切れていなくて逃げただけだって事に気がつかされてしまったので、無理とか言ってないで、全部見るしか無いんだと諦めたという次第。日本のアニメの歴史からガンダム無くならないんだから、選り好みしてらんねぇっす。早く全部見て日常系萌えアニメばかり見る日々に戻りたいので頑張ります。頑張る必要があるかどうか知らんですが。

ガンダム消化する合間に実写映画を見たりすることにしていて、今日は冷たい熱帯魚を見てました。でんでんが怖くて笑いっぱなし。「汚い伊東ライフ」としか形容できないプレイがあったけど、あれ、絶対応援上映で見たいでしょ。


つーことで今からF91スターダスト・メモリー見ます。あと全部とか言ってますけどSDは無理な気が…