読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かの場所の複数

残念な感じです

腰、逝きかける

昨日の夜バイトに行く前、部屋のゴミを拾おうと屈んだ時に、腰を捻った感覚があって「痛いなー」と思ったんですが、まあ大丈夫だろうと踏んで出勤したんですよね。出勤後、同僚には腰痛ぇ腰痛ぇっつって構ってちゃん全開でした、が。

地獄の3歩手前とも言うべき一夜を過ごしました。

デスクワークのバイトなので、基本的には椅子に座っているのですが、それだけで間断なく耐えられはするけど、無視はし難い痛みに襲われて、肥満した身体から嫌な感じの汗が流れてくるわ、くしゃみでもしようもんなら、腰から頭に突き上がるような痛みを覚えるわ、「これマジでまずいかもしれない」という危険信号だけが脳内を駆け巡り、朝方には椅子から立ち上がろうとした瞬間に全身が痺れてしまって、頽れる始末。5分くらい横になっていたら普通に立てるようになったのだけど、スポーツをやっていて膝を壊したことのある同僚が「絶対整形外科に行くべき、初動で間違えるとヤバい」と言うので、8時前に早退させて貰って中央線に乗って地元に戻ることにしました。

「タクシー使うべき」と皆に言われたんですが、そんな経済的なバッファねーよっつって電車に乗ったら酷い目にあいました。

まず、電車の揺れがしんどい。あの特有のちょっとした振動で腰が痛むし、朝8時過ぎの中央線下り電車はある程度混んでいるので、乗客同士の接触は不可避なのですが、女学生に足を踏まれたりしても、足よりも腰に激痛が走り、ご褒美として脳内変換することも無理で、「痛え」って言葉に出しそうになるのを我慢する必要がありました。

で、吉祥寺に戻って評判が悪くなかった整形外科に飛び込み、30分ほど待った後に診察を受けました。

レントゲンを3枚撮って、医師からの説明を受けたところ腰椎椎間板症という状態らしく、説明を要約すれば「ヘルニアじゃ無いけど、相当状態悪いし、このままだとヘルニアになる可能性が高い。太りすぎなので食事制限と運動して痩せろ。全治は10日から2週間な」とのこと。

コルセットと痛み止めと湿布を買い、合計3500円の出費だったんですけど、コルセットを巻いた瞬間にめっちゃくちゃ楽になって、コルセットすげーな、っていうか、日本の健康医療保険制度すげぇなと思いましたね。

で、痛み止め飲んで帰って寝て起きたんですけど、まだまだ痛いし、今日明日夜勤なので不安ではあるんですが、なんとか乗り切れたらいいなー。10日はつらい。

 

痩せないと死ぬ、というのがリアルになってきました。身長169で体重70超えはスポーツマンじゃなければデブということなので、痩せますよマジで。

 

追記 腰椎椎間板症ってヘルニアのことそのものとかいうウェブ記事出てきてわけわからん。が、まあ、痛いにしても自力で動けるのは助かる。